健康のために心がけている事と実際の効果

私が日々の健康のために心がけていることとその実際の効果について、いくつかご紹介いたします。

体が重いと感じる時は、大体便秘になっていて、食生活を振り返ると、カップラーメン等の炭水化物ばっかり食べてたりすることがほとんどです。なので不足していた食物繊維等を積極的に摂るよう心がけます。乾燥わかめや乾燥寒天をカップラーメンに加えて食べると、手軽に食物繊維が摂れますし、ごま油を加えるとさらに美味しくなります。
以前は便秘になっている自分が当たり前でしたが、便秘は健康に悪影響を及ぼすということをテレビ等で知ってから腸活を心がけるようになりました。最近、便秘に特に効き目があると実感するのは、はちみつヨーグルトバナナです。この組み合わせは善玉菌が増える最高の組み合わせだそうです。味も食感も好きなのでほぼ毎日食べることができ、快便です。


その他、最近、足がムズムズしてなかなか寝付けないことがあり、ネットで色々調べてたところ、ドーパミン減少によるとのことで、寝る前にチーズを食べるようにしたところ、不快なムズムズ感は消えてまた眠れるようになりました。チーズにはドーパミンの原料となる栄養素が含まれているとのことです。ムズムズの原因としては、他にも鉄分不足や運動不足が挙げられていましたので、鉄分豊富とされる煮干しやアーモンドを食べるようにしたり、いつもの歩き方を変えて運動量を増やしてみたりしています。


運動量を増やすためにどのように歩き方を変えたのかというと、腿を上げること、踵にスナップをかけ、しっかり地面を蹴ること、を意識しました。これはテレビから得た情報で、シニア向けの運動不足解消の番組でやっていました。以前の私の歩き方は、すり足に近かったと思います。そのためか、歩く速度は遅く、傍から見たらダラダラ歩きに見えていたと思います。それまで歩く際に、腿を上げるという意識は全く持っていなかったので、試しに意識してやってみたところ、簡単に弾むように歩けるようになりました。腿を上げることも全く苦ではなく、踵の蹴りと合わせると、その反動でも腿が上がりやすくなる感じで、かえってとても歩きやすくなりました。元々歩くことは好きでしたが、さらに歩くことが楽しく、好きになっています。
一番心がけていることといえば、ズボラな私でも無理なく継続して出来る、自分に合った方法を探すことで、大事なことと思います