「無理をしないこと」を心がける

私が健康のために心がけていること、それは「無理をしないこと」です。何年か前まで私は、ああするべきこうするべきといった「べき論」が好きで、なおかつ自分にノルマを課すのが習慣になっていました。たとえば、ウォーキングは毎日続けるべき、腹筋やスクワットは1日〇回がノルマ、といった風に、健康のために自分に厳しくなろうとしたのです。ところが、そんな自分で自分を抑えつけるような行動は、当然面白くありません。そのうえキツイし、趣味の時間は削れるしで、メリットよりもデメリットの方がたくさん見えてしまいました。

特に、自分に課したノルマを達成できた日は良いのですが、達成できなかった日のガッカリ感たるや…。そんなことがあって、何度健康のための取り組みを始めても、すぐに心が折れる、ということを繰り返していました。しかし最近は、私は筋トレやウォーキングを続けることができています。なぜかというと、「無理をしないこと」を自分の中で決めたからです。ノルマは一切設けていません。歩ける日に歩ける距離だけ歩き、筋トレも、その日その日でできそうな回数だけやります。筋トレができないほど体調が悪い日には、「体を休めることも大切だ!」と、あえて一切筋トレに取り組まなかったりもします。

そもそも、私は人より体が弱く、体の具合も乱高下するので、ノルマを課すにしても、毎日一定の時間・回数を定めること自体がそもそもおかしかったのです。それに気付いてからは、決して無理をしないこと、それだけを心がけるようになりました。すると、自分でも不思議なくらい、筋トレやウォーキングを習慣にすることができました。何より、ノルマを作らなかったことで、「今日は〇回もできた!」と喜んだり、「今日は〇分しか歩けなかった。そういえばいつもより具合が悪いな」と自分の体の状態に気づけたりできるようになったのです。体に良いことにも、人それぞれに合った取り組み方があるのだな、と私は最近になって知りました。